2020年6月22日 (月)

戦艦長門の考証 その5艦尾

Nagato341
調べている時間のほうが長くて製作は遅々として進まんのが考証派。素組みでちゃんと完成させられるモデラーになりましたけど長門は別か。今日は艦尾の考察をば。その1艦橋、その2後部艦橋と来て、この記事のタイトルはその5ですけどそれは理由があるのですじゃ。

3煙突と探照燈台、4艦首、5艦尾、6航空作業甲板、7兵装、8その他・・・と予定してまして(先は長いな)、艦首を削っていたら艦尾の考察にはまってしまったというわけ。ちょっと面白い成果が出たので学会で発表せにゃならぬ川口探検隊なのです。

Nagato_research134 Nagato_research135 Nagato_research136
まずは艦尾増設機銃座の盾。所々隙間が設けてあるのは何故?という話。レイテ戦時や最終時で作る予定は無いのですが面白いかもと思い始めています。まだ故障舵復旧装置と断ずる事は出来ませんが可能性はありそうな。

Nagato_research137
次は艦尾の繋留装置や甲板上の小物。キット改修ポイントを割り出すためにこういう事をやっております。公式図の出現で楽になりました。天窓や通風筒は写真で存在が確認出来たとしても、その位置を割り出すのは真上からの鮮明な写真でも無い限り至難です。

Nagato_research138 Nagato_research139 Nagato_research140

Nagato_research141
この機銃座付近を甲板上から撮影した写真が近年現れました(勝手に拝借して申し訳ないです)。そのおかげでかなり実態に迫れるようになったのではないかと。私なりにざっくりと考えてみました。まだ盾の形など細部において精査が必要です。

Nagato_research142
そして結論。このように従来考証ではそもそもフェアリーダーや錨の位置が実艦とは異なっているので、終戦時の写真から盾の形状を読み取り正しく製作しても、かなり狭苦しい機銃座が出来てしまうわけです。こんなところに罠が潜んでいたのです。

Nagato344
フジミも盾とフェアリーダーの関係は悪くは無かったのです。

Nagato343
そのかわり天窓などは概ね良い感じで、埋められず生き残った取付け穴は艦首より多い。つまりこれらは陸奥と同じと言う事でありますね。従来考証は陸奥図をベースとしておりますから。

こういう事が検証出来るようになったのも公式図が出現したおかげですが、フェアリーダーと中錨小錨の位置が何かおかしいと言う事を公式図出現の前から見抜いていた方がおられた事をここに書き添えておきましょう。その眼力には敬意を表したい。


Nagato_research143 Nagato_research144
おまけコーナー。陸奥も調べ始めています。長門大改装前も。やはり必要になって来ますね、古い構造がそのまま大改装後も残っていたりするようですから。そこで両艦識別の為の資料を作ってみましたらこれが実に面白い。図面での比較も大事ですが感覚的視覚的に何かピーンと来るものがあるような。後部艦橋のシルエットなども示唆に富んでおりますよ。

Nagato_research145
V字型のダビットが両艦で異なる事に気が付きました。高さと言いますか角度と言うか、陸奥のほうが低いです。長門は格納位置にあるようです。良く見るとカッターが判ります。まだ調べていないので良く解らんのですが、このダビットは俯仰はしないはずです。ここを作る時には構造を明らかにしようと思っています。

そしてまた、このダビットの違いを見抜いていた方もおられるのですよ。公式図の無い時代に取り組んでおられた先達には脱帽です。惜しむらくはそうした成果が今ひとつ広まらず、キットや資料本に反映されておらん事です。やっぱり模型誌に立ち上がってもらわんとイカンですなぁ。まだ長門新考証特集を見た事がない。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

戦艦長門の考証 その2後部艦橋(1)

急遽作りました後部艦橋の考察。
長門は諸艦橋平面図が無いので実態に迫るのは難しいですが、少しずつ進めて参りましょう。では最上甲板から。

Nagato_research120 Nagato_research121 Nagato_research122 Nagato_research123

Nagato_research124 Nagato_research125
この高角砲ブルワークと面一となった倉庫の壁は私も驚きました。まさかなと。目の錯覚だろうかと今でも思ってしまいますが、確かに写真はそう見えます。諸艦橋平面図が出て来たら面白いでしょうね。

次に高角砲甲板と艦橋配線室。

Nagato_research126 Nagato_research127 Nagato_research128

Nagato_research129 Nagato_research130 Nagato_research131

Nagato_research132

どうでしょうか?まさかこんなところに水タンクが。確証を得たわけではありませんが、少なくともブルワークでは無い。閉じた物体ですよね。大きな箱は人の背丈くらいはあり、開戦時からあります。これがブルワークなら前が見えません・・。カタパルト周辺を改装する前はブルワークがあった可能性はあります。

では、この水タンクを作ってみましょう。
ここから上層に行くほど構造は複雑になり、考察も難しくなります。ま、頑張ってみましょうー。


(2020年6月18日、追記)
Nagato_research133 Nagato339
箱を載せてみました。だいたい実艦写真と似たような影が出ますね。もうここにブルワークを付けちゃダメよー。もっと似てくるように1/700で図面を引いて実態に迫りたいと思います。まだしばらくはモックアップで基礎構造の検討が続きます。
(追記終わり)

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

長門研究再開してます

零戦も途中ですが、陸奥研究会(会員2名・・・)のお仲間が頑張っているのを見ますと私もやらねばと再開。前艦橋のほうは細部を残して概ね終わっておりますし、気分を変えるために後部艦橋を調べております。

実艦写真も交えて解りやすく詳細をレポートしたいところですが、あの作業はそれなりに気合いと時間を要しますので、簡単にこんな事をやってますよーというご報告のかたちにて。

Nagato327 Nagato338
艦NEXTの物は従来考証のサンプルとしてそのまま残し、特シリーズの物をベースに基本構造の見直しから進めております。アオシマ陸奥も参考に用意。

ご覧の通りかなり違うものになって来ました。キットをベースにパテサフの団子状態から研ぎ出すよりも、プラ板で無から新造したほうが早くて綺麗だろうというレベルの改造になります。前艦橋のほうはランナー利用の成型色仕上げが可能なレベルでございましたが、こちらは無理ですね。

後日1/700で正確な図面を引いてプラ板で新造しようと思いますが、まずはパテ団子と格闘して形状の特徴把握に努めます。パテ団子もそうした作業には向いていると言えます。図面を引こうにも3次元的にしっかり把握していないと混乱して来ますから。

Nagato_research118 Nagato_research119
とりあえず改造の目安を得る為の簡単な照合ですが、艦NEXT(つまり従来考証)との違いはこの通り。光学機器が横に広がり気味で見張所や高角砲座平面形なども異なりますね。そもそも基礎構造がだいぶ違う事が判明しつつありますので、詳細は後日しっかりまとめておきたいと思います。いつになるか謎ですけど。

これらはフジミが間違えたわけではなく、メーカーが設計の参考にしたであろう考証本の誤りと言えましょう。それも情報の少なかった時代は止むを得ない事。しかし、図面が出て来なくとも昔からある見慣れた写真だけでも良く観察すると違う結果になったはず、明らかに写真とは異なるのだが何故こう考えられてきたのか、と不思議な気持ちになる部分が少なくないです。

それは研究者の数が少な過ぎる事によるものでしょう。無謬の人間はいない。思い込みや勘違いや気のせいってやつは考証にはつきもので、出来るだけ大勢であーだこーだと進めるのが理想的です。大和型以外の艦船は長門と似たり寄ったりの状況でございましょうな・・。

Nagato_research112 Nagato_research113
船体のほうも進めております。錨鎖導板の形状やケーブルホルダーの左右非対称性などがポイントです。他に一部のフェアリーダーやボラードの位置修正も必要。通風筒などの小物の位置も全面的に見直し・・、と膨大な作業量になります。しっかりした新考証で新キットを出して頂かないと目眩がしてきますよ。完成に辿り着くのだろうかと。

Nagato321
考察結果に基いて修正中の図。錨鎖なども自作せず簡素に済ませたいと思います。ケーブルホルダーを切り取ってモールドを破壊する事無く上手く移動する事は出来ますね。

Nagato322
キットのダボ穴はほとんど埋める事になります。埋めたら木甲板モールドの彫り直しですね。私の方法はこんな。

Nagato323
キットベースで進める時はこれですね。

Nagato324
船底部品も接着して合わせ目消し。継ぎ手の凸モールドを残しつつ整形するのは神経を使いますが、そう言えば段付け継ぎ手になっているのは水線上だけ、それもバルジ部分には無かったような?凸を削っても良かったのかもしれない。もうそのまま残しておきますけど。

Nagato_research114 Nagato_research115
甲板上に無数にある物体をひとつひとつ調べるのは地道な作業です。従来考証はほとんど訂正する事になり驚愕してます。新考証で確定しているものをひとつ。航空作業甲板のリノリウムが始まるのはもう少し前方からだった!公式図と写真からハッキリ解りますね。

現状はだいたいこんなところです。まー調べて作るのも発見があって面白いものですが、完成の喜びにはなかなか達しない。疲れて来たらまた飛行機の素組みか艦NEXTのパチ組みでもしよう~。なんとか後部艦橋の考察は終わらせたいと思いますんですが。

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

ゼロセン

Zero21009 Zero21010
暗い色の飛行機が続いたので零戦21型でも。

Zero21011 Zero21012
72のコクピットもこのくらい再現してもらえると満足度高いですね。計器デカールの無いところは描く。キャノピーの透明度が高いようですので描いておいたほうが良いかもしれない。

Zero21014 Zero21015 Zero21016
ブレーキパイプと空中線を付けてみたい。真鍮の止め金具を埋め込んでおき、黒い伸ばしランナーを這わせてみる。が、ピンセットで曲げていると潰れたり傷だらけになったり、カーブもあまりキレイではないので、タミヤの透明ソフトプラ材を伸ばしたものに換える。色は塗らなきゃなりませんが止め金具に通しやすい。

Zero21018 Zero21019 Zero21021
カバーには軽め穴。ここにブレーキラインが走る面倒な零戦の構造。

Zero21020
明灰白色は、クレオスの新35番にタミヤのダークイエロー2を混ぜて軽~く飴色がかりたる色に。旧35番も好きですがカラーチップはだいぶ黄ばんでますな。

Zero21022 Zero21023
よせばいいのに脚収納庫の構造再現。なまじ資料があると余計な事をやっちまいます。ここまでは簡単でしたが小骨が面倒です。脚カバーも薄く削らないと仕上がりのバランスが悪いかもしれない。手間が手間を呼ぶのです・・。

Zero21024 Zero21025
脚の組み立て。接着面積が小さいので神経を使いますぞ。

Zero21026 Zero21030
苦労しましたが、ブレーキパイプが細過ぎてあまり目立たない。太めに作って存在をはっきり主張させたほうが良いと学ぶ。

Zero21027 Zero21028 Zero21029
コクピット組み立て。ほんま良い時代が来たと最新キットを作るたびに思いますわ。72でこれですからなー。そろそろシートベルトも付けたいが今回は無しで進めてます。

お絵かきや1/6フィギュア原型も弄っており、ちと製作ペースが落ちておりますがボチボチとー。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

テンペストVとスピットファイアV

Academy72tempestv001
ACADEMY 1/72 SCALE #1669/FA167 HAWKER TEMPEST V
No.3 Sqn. s/n NV724 JF-E ピエール・クロステルマン中佐乗機
2019年12月13日製作開始、2020年2月18日完成。

Tamiya72spitfirevb001
TAMIYA 1/72 SCALE WAR BIRD COLLECTION NO.56 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Vb/Mk.Vb TROP.
No.243 Sqn. s/n EN821 SN-M
2020年1月9日製作開始、2020年2月18日完成。

ほい、昨日めでたく完成しましたー。
もっと早く出来ていたのでしょうけどテンペの風防割る事件発生して往生こきましたわい。プラモの部品ってたまに壊してしまいますなぁ。子供の頃はそれで良く泣いていたような・・。大人は泣かず、壁に立ち向かうのでありますっ。ではテンペから。

Academy72tempestv002 Academy72tempestv003 Academy72tempestv004
Academy72tempestv005 Academy72tempestv006 Academy72tempestv007 Academy72tempestv008
テンペの迷彩はフリーハンドでやってみた。ボケ足は好きですけど陰影を描くのが難しくなるかな。マーキングはJFF、ロレーヌ十字、撃墜マークが手描きで、他は糊が弱くてスジボリにあまり馴染まないデカール。加熱するとまあまあ馴染むのですが、格闘するより描いたほうが良かったぜ。

Academy72tempestv009 Academy72tempestv010 Academy72tempestv011 Academy72tempestv012
Tenpest010 Tenpest005
再現性に関してはまあひと昔のキットかな。しかしナナニイでは貴重な存在だそうで。スジボリ追加や20mm機銃、ラジエーター後ろあたりを加工しました。そもそも良く解らない飛行機で資料もあまり落ちていない。しかし頑張って完成させると堂々たる姿でございます。この脚の逞しさ、安定感、そしてどうしてこうなったという顎。この顎が無ければスマートな機体なのでしょうが、アゴが無ければ面白くとも何ともないわ。タイフーン共々個性爆発の姉妹で大好きです。

Academy72tempestv017 Academy72tempestv018 Academy72tempestv019
Academy72tempestv020 Academy72tempestv021
自作風防。ゴミ付いてるし浮いてるのが悲しいが良くがんばった。この程度の隙間は本体塗装前ですと調整に何ら困難はありませんが、塗ってしまった後からパテサフを使うとまた完成が遠くなりますので妥協。正直工作に疲れ、擦り合わせも適当になっちまいました。透明プラ板のヒートプレスは面白かったですけどね。カメラではピントが合いませんが、肉眼ではペダルまでしっかり見えて凄いっすね薄くなると。滅多に風防を自作する事は無いでしょうが、また何かでやってみたくなります。もうちょっとフレームが太くて資料も豊富な機体でね。

Tenpest061 Tenpest062_20200319220701
キットの風防部品。あーやっちまったの図。自作したほうはちょっと大き過ぎたかな。ちゃんと設計しないとそうなりますな。


Tamiya72spitfirevb002 Tamiya72spitfirevb003 Tamiya72spitfirevb004
Tamiya72spitfirevb005 Tamiya72spitfirevb006 Tamiya72spitfirevb007 Tamiya72spitfirevb008
スピットさん。こちらの迷彩は型紙使用。ボケ足は短くなりますが陰影が描きやすくてこっちのほうが好きかも。マーキングはデカールが黄変を通り越して茶色くなっていたので全て手描き。小さなステンシルは描けないので省略じゃ。やっぱり描いたほうがスジボリにきれいに馴染みますね。特にスピットは翼下面の突起がアレですしのう。

Tamiya72spitfirevb009 Tamiya72spitfirevb010 Tamiya72spitfirevb011 Tamiya72spitfirevb012
これもぴったり合わないところもあるひと昔前のキットと申して良いでしょう。今のタミヤだったらもっと凄かろうなという印象。再現性に関しては英国機を良く知らないので問題とせず。でもきれいな飛行機ですねスピットは、ちょこんとした脚がまた何ともチャーミング。スピットのファンになりましてMk.1とか9とかグリフォンとかも並べたい。まだ識別が出来ませんが。

Tamiya72spitfirevb017 Tamiya72spitfirevb018 Tamiya72spitfirevb019
Tamiya72spitfirevb020 Tamiya72spitfirevb021
こちらはキットの風防部品。隙間が多くてちょっとガッカリする部品でしたので、しっかり隙間を埋めて、実機写真を見て正面フレームあたりの形状と、可動風防がスライド出来そうな形に見えるよう直しておきました。コクピットの再現性は結構高いのに、ご覧のとおり中が全く見えず、絞り出すならむしろこっちだったなと。スピットのガラスはバキュームフォームじゃないと上手く出来ないでしょうね。

Spitfirev005 Spitfirev009 Spitfirev011
キットの風防そのまんまだとこんな感じ。タミヤらしからぬ。顕微鏡を使って黒サフ(エポックの樹脂用染料だったか?)で染めたラッカーパテで慎重に埋めて研磨しました。頑張ったところなので見てくだされ。


Academy72tempestv013 Academy72tempestv014 Academy72tempestv015 Academy72tempestv016
Tamiya72spitfirevb013 Tamiya72spitfirevb014 Tamiya72spitfirevb015 Tamiya72spitfirevb016
並べてたのし1/72。メッサーちっさいっすな。飛行機模型はこれで6機め。やっと完成6個よ・・。仕上がりはスピットが結構気に入ってます。またこれで学んだ事を活かして7機めは何にしようかなと。風防の工作で疲れましたので、工作の手間が掛からないキットと言えばやはりタミヤの最新キットかな?

ではでは、また。

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

キャノピー絞りだし

ふおっ、2月が終わっていた。

Spitfirev105
テンペストとスピット、ほとんど出来ているのですが、テンペストの風防を不注意から割ってしまい、自作していたら色々面白くてけんきゅうに没頭してましたわ。

Tenpest062
悲劇。

Tenpest084
こちらが0.5mm硬質塩ビのヒートプレス。一応使える物が出来ましたが、難しいと聞いている透明プラ板でも一度やってみようという事で。

Tenpest101
こちら、後部が透明プラ板0.4mmの絞り出し、前部が0.2mmの切り出し3枚+絞った頂部の組み立て方式。今も磨いている最中で、もうちょっとで完成ですね。透明プラ板製は追加工作が出来る点で塩ビ製に勝る。

Tenpest069 Tenpest070 Tenpest071
白いプラ板で経験はあったので要領は解っていました。塩ビは簡単です。が、型枠は分離して画像のようにパタンと閉じるようにすると側面が薄くなり過ぎる事を防げますね。透明プラ板も同じ要領ですがタイミングが難しくなります。失敗の山を築きますけど決して不可能ではない。私にも出来た!

Tenpest090
透明プラ板製いろいろ。左の3個が型を作り直して今磨いている物です。頂部が厚くなってしまいますが、側面も適度な厚みで剛性のあるものが出来ました。

Tenpest091
こちらは0.2mm製。薄いほうが熱が早く伝わるのである意味やりやすいかもしれない。しかしフニャフニャです。

Spitfirev098 Spitfirev099 Spitfirev100
Spitfirev048 Spitfirev079 Spitfirev084
スピットさんのマーキングは全て手描き。購入が20年前でデカール腐ってましたから。塗装はこの密着感がたまらない。

Spitfirev045 Spitfirev082
マスクにはスコッチのセロテープを使っています。セロテープの切り出しが難しいところはプラペーパーでステンシルを作りました。

Tenpest055 Tenpest048
Tenpest050 Tenpest053
テンペは撃墜マーク、JFE、ロレーヌ十字が手描き。これも20年ものですがデカールに黄変が見られないのでラウンデル等は使いましたが、糊が弱く印刷も今ひとつ。撃墜マークはプラペーパーで。

Tenpest087
そして、四角い国籍マークの向きを間違えていたのでタイフーンから持って来てコッソリ直す。フィンフラッシュという言葉を覚えた。素組みと言えど実機を有る程度知っていないと色々間違いを犯すもの。戦車と軍艦とエロフィギュアの人間でしたから、特に英国機なんてもうさっぱり解らないまま作ってます。そんな飛行機模型初心者がよくもまあキャノピー絞り出せたなと。

完成しましたら御披露目したいと思います。

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

テンペストとスピット

Tenpest058
アカデミー1/72のテンペ。

Spitfirev060
タミヤ1/72のスピットV

そんな1月でございました。

| | コメント (0)

2019年12月31日 (火)

グスタフ完成

Tamiya72bf109g6001 Hasegawa72bf109g6001
TAMIYA 1/72 SCALE WAR BIRD COLLECTION NO.90 MESSERSCHMITT Bf109 G-6
JG54 ヴィルヘルム・シリング中尉乗機
2019年10月18日製作開始、12月29日完成。

HASEGAWA AP17 1/72 Messerschmitt Bf109G-6 "GUSTAV 6"
JG52 ゲルハルト・バルクホルン大尉乗機
2019年10月18日製作開始、12月20日完成。

新旧グスタフを同時製作。
カンセーセンのこのワシがよくもまあ2機同時に作ったもんです。

Tenpest033
もう1機テンペストを作ってましたし。カンセーセンは我が家から完全に居なくなったようです。考証改造してるとすぐ戻って来ますけど。では、グスタフのいろいろを御披露目。

Hasegawa72bf109g6002 Hasegawa72bf109g6003 Hasegawa72bf109g6004
ハセガワ1993年の製品。購入もその頃で、ずっと埃を被っておりました。タミヤの塗装練習に良かろうと製作開始。

Tamiya72bf109g6002 Tamiya72bf109g6003 Tamiya72bf109g6004
タミヤ今年2019年の製品。最新キットが凄い事になってるらしいので購入。確かに凄かった。エルラハウベなどマーキングバリエーション展開をしてくれると嬉しいのですが。望みは薄い。

Hasegawa72bf109g6005 Tamiya72bf109g6005 72bf109g6_tamiya_hasegawa004
胴体形状がかなり違う点が興味深い。昔は資料の入手も今とは状況が違うでしょうし、古いキットにとやかく言っても始まりません。なんか間違っていても塗れば結構カッコイイ事を知る。艦船ではそうはイカン!が、あっちでもひとつやってみようか?

Hasegawa72bf109g6006 Tamiya72bf109g6006
塗れば愛着も湧く。

Hasegawa72bf109g6007 Tamiya72bf109g6007
ほれほれ、なかなか。タミヤのカッコ良さが引き立ってしまうが・・・。

Hasegawa72bf109g6008 Hasegawa72bf109g6009
塗装。ハセガワのほうはアッサリ仕上げ。上下面ともマスキングしてエアブラシで陰影を付けて墨入れしただけ。歩行帯付近の埃にウェザリングマスターを擦り付けただけ。

Tamiya72bf109g6008 Tamiya72bf109g6009
タミヤの上面は迷彩パターンをフリーハンドで描くのに一生懸命で陰影を付ける事が出来ず、後から油絵の具でふわふわとパネルラインに沿って影付け。埃は軽く油絵の具で。まだ銀剥がれの要領が解らず施していません。そろそろ教本が欲しいですな。

Hasegawa72bf109g6010 Hasegawa72bf109g6011 Hasegawa72bf109g6012 Hasegawa72bf109g6013
ハセガワでは人生初のモットリング塗装。始めはまだ希釈が濃くて嫌な粒子が飛び散ってましたが、タミヤのほうで細吹きの要領に慣れて来て、加筆修正して行くとイイ感じに落ち着きました。マーキングはデカールが死んでいるので全て塗装です。ラジエター付近に少し手を加えて、脚もカバーが外れ難いように加工した外は素組み。

Bf109g6069 Bf109g6071 Bf109g6082 Bf109g6084
マスキングの様子。これらはスコッチの超透明テープの粘着剤を除去、換わりにセメダインBBXをシンナーで希釈して筆で塗ったものを使用。薄くてシャープ。直線の歪みが出難い。

Bf109g6095 Bf109g6098 Bf109g6103 Bf109g6104
こちらはプラペーパーを切り抜いたマスク。粘着剤は塗らず上から押さえただけ。いろんなやり方を試して大変勉強になりました。

Bf109g6108
そして燃料の三角の87は筆で直描き。

Tamiya72bf109g6010 Tamiya72bf109g6011 Tamiya72bf109g6012 Tamiya72bf109g6013
タミヤ。モットリングはもう怖くは無い。今までの吹き付けはまだまだ濃かった事を知る。ループアンテナだけはいつも真鍮線で改造する。その他は無改造素組み。

Tenpest027 Tenpest028
これはテンペストの練習に古いゼロセンで描いた物。このように人の顔も描けそうなほどで私自身驚嘆しております。我が家のエアブラシがこれほどの性能とは。ようやく使い方を理解出来ました。少し太めの面相筆程度のタッチが出せるので、これでフィギュアもかなり面白くなりそうです。ぜんぜん作ってないですけど・・。

Bf109g6134 Bf109g6126
タミヤのマーキングはキット同梱デカールを用い、ラッカークリアで研ぎ出し。版がズレている所は油絵の具でリタッチしておきました。クリア掛けも砂吹きなど必要無く、ダイレクトに吹いても大丈夫ですね。もちろん不要デカールで実験してからですけど。スピナーのうずまきのみはマスキングして吹き付け。

72bf109g6_tamiya_hasegawa001 72bf109g6_tamiya_hasegawa002
並んで記念写真。ナナニイは良い。安い。小さい。精密化が進んでなお良い。

ハセガワのほうは簡素ながら昔懐かしいナナニイ飛行機キットの面影。子供の頃に作ったハセガワの古い1/72キットをまた作ってみたくなりました。紫電改や雷電、零戦各型をズラリと並べていたものです。あの完成品たちはどこへ行ったのだろう・・・。

タミヤのほうは文句無しの内容。細かい、合う、似ている、とにかくカッコイイ。メッサーは何機も作りたくなる不思議な魅力があります。


さて、艦船模型のほうは今年後半お休みでしたがボチボチ研究を再開しております。

Nagato_research096
長門公式図のトレースを少しずつやってます。

Nagato_research091 Nagato_research093
航空作業甲板。運搬軌条と砲塔付近の甲板ラインやラッタルが左右非対称である点などをお仲間と語り合っております。
そんなこんなでまた一年が過ぎ行く~。

では、良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

グスタフその1

Bf109g6001
先月は日記を書くのを忘れていましたわー。
1/72のBf109 G-6を作っていました。タミヤとハセガワを同時に。

Bf109g6015
2019年製のタミヤG。最新キットの表現力を堪能しております。

Bf109g6109
こちらは1993年製のハセガワG。モットリングの練習台になってもらいました。

Bf109g6110
詳細は完成後に。

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

Do335A

Tamiya48do335001

TAMIYA 1/48SCALE AIRCRAFT SERIES NO.74
DORNIER Do335A PFEIL

2019年10月17日、完成。
出戻り飛行機模型2機目は迷彩塗装に挑戦。マスキングたいへんですねぇ。

Tamiya48do335002 Tamiya48do335003 Tamiya48do335004
Tamiya48do335005 Tamiya48do335006
ぐるりと。デカールは黄変していましたので、なんとか使えそうな少し黄ばんだ国籍マークのみ。ニスは切り取ってクリヤーをふりかけてますが、黄変が進行するのかどうか。20年後に見てみましょうか・・・。

今回、吹き付けの希釈度について勉強になりました。今までは濃過ぎだったようです。今、美少女フィギュアを塗ったらだいぶ塗り方が変わりそうですよ。

Do335089 Do335050 Do335049
特にキャノピー。出来るだけ薄く吹く事を学びました。

Do335045 Do335047 Do335048
マスクは超透明テープ。スジボリに沿ってじかにナイフでカット。スジボリの深いものであればこの方法で美しく仕上がるようです。自信がつきましたが、最新キットの深いスジボリが無く繊細な段差だけがある窓枠モールドはどうすりゃいいのか。あれはガイドとなる深い溝が無いのできれいに切る自信はありません。バラバラで貼り付けるしかないでしょうね。

Tamiya48do335007 Tamiya48do335008 Tamiya48do335009
Tamiya48do335010 Tamiya48do335011
ウェザリングはポストシェードってやつですか。プリシェードは試験をしたところエアブラシを持つ手が疲れるので不採用。吹き付けで大きく陰影を与えた後に油絵の具で細かな加筆。油絵の具も便利なものですが、少々使い過ぎと言いますか無駄な工程が多過ぎたようです。エアブラシで出来る所はそれで済ましたほうが美しいしなにより早い。排気管がどう見ても錆色ですがどんまいどんまーい。

Tamiya48do335012 Tamiya48do335013 Tamiya48do335014
しかしP-47の時よりは多少マシな仕上がりになってます。3機目はより効率良く美しくを心掛けてみたい。

Tamiya48do335015 Tamiya48do335016 Tamiya48do335017
それにしても変な飛行機です。後進も出来そうですが(笑)。やはりP-47よりちょっと大きいですね。上昇力などはどうだったのか?重たそうですが。キットも錘のせいでズッシリ重いです。お世辞にもカッコイイとは思えない変な飛行機ですが、こうして眺めるとなかなか味わい深いものが。

Tamiya89767041
もうひとつ完成したものがあります。我が家から妖怪カンセーセンは出て行ったようです。油断してると戻って来ますが、タミヤ1/48GAZ67B。

Tamiya89767040 Tamiya89767042
Tamiya89767043 Tamiya89767044
GAZ君はおねえさんといっしょにベースに固定してやりますので、真の完成はもうちょっと先。長らく放置していたおねえさんも進めております。P-51は放置~。








| | コメント (0)

«初めての迷彩塗装