2016年4月25日 (月)

近況とか

Cat125
1/35猫に展示ベースを作りました。
エバーグリーンのプラパイプ利用。

Cat126 Cat127

Cat128 Cat129
これで完成。

Cat130
手前にある筆で猫の目を描いたわけですが、よくこれで描けたなと・・・
どうやって描いたのか私自身も不思議だ。
TAMIYAのMODELING BRUSH PRO No.000は良い筆です。

MODELKASTENからアイフィニッシャーという筆が出てますね。
なんか面白そうですな。機会があれば買ってみよう。
毛の本数を調整してあるそうで、
確かに1/35フィギュアの目を描くには筆の毛は少ないほうが良い。

Tamiya35219mb022
MBは、tail lightを自作したり。
ちびちびと進めてます。

が、現在は美少女フィギュアのお仕事体勢になってますので、
1/35のほうはまたしばらく停滞ですなぁ・・・。

あんまり更新しなくなると思いますが、元気でやっとりますので。

あ、そうそうFineMoldsの60式自走106mm無反動砲、買いましたよ。
61式戦車よりもリサーチが行き届いてる感じで、なかなか良いですぞ。
61式のほうも暗視装置付が出るそうな。楽しみじゃ。

手早く作る事を覚えねば、積みプラばかり増えますな(笑)。

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

サイト移転のお知らせ

ニフティから「サービス終わるから移転してちょ」との事で、
ねんどくんのらくがき帳のアドレスが変わりました。

la.coocanに統合するようですな。
homepage3のほうで13年お世話になりましたので名残惜しいような。

このブログと陸上自衛隊模型倶楽部のほうは変更なし。



Watch
さて、近況。
お仕事原型では時計を作ってました。
旋盤が無いものだから手削りでどーにかこーにか(笑)。

Tamiya35219mb020
MBはaxeとshovelにプラペーパーでstrap追加。
ここだけ細く薄いディテールが加わり、何だかバランスを崩したような。

Tamiya35219mb021
radiatorトップをBRONCOの部品を利用して挿げ替え。
BRONCOはちゃんとGPWタイプになっていますよ。
画像の物はMBタイプに加工しています。

また、TAMIYAのradiatorは高さが足りないので下方に少し延長しています。
ついでにshroudも付けてやりました。
やらなくてもいいのですが、おかげでradiatorの勉強になりましたよ。

MBとGPWのradiatorは違うんですな!
こんなところまで変遷があるとは驚きました。
slatMBはまた違う形をしており、GPWも一部にはMBタイプが付くとか。
JEEPの考証は深い、まだ何か出て来そうです・・・。

Hc35001jp001006
最後はHAPPY CATの原型。
ポリパテで少し大きめの素体を作っています。

発売中の当社製品も1/35としては決して間違ってはいないはずですが、
まあ小柄な日本人女性ですなぁ。
今後の製品は多少大きくしたほうが互換性は高まりましょう。

MASTER BOXのほうが大き過ぎるんですけどね、特に顔とか(笑)。
TAMIYAが1/35で女性を出して来たらそれを基準にしたいですわ。

| | コメント (0)

2016年1月21日 (木)

TAMIYA MB その1

Tamiya35219mb014

Tamiya35219mb015

Tamiya35219mb016

Tamiya35219mb017

Tamiya35219mb018

Tamiya35219mb019

新たにMB、GPW記事のカテゴリーを設けておく。

MBシャーシのウェザリングは一旦完成とす。
後はボディにくっ付けてから調整しよう。

グリーン系の車体下部は茶系の汚しが彩り良く映えるのでしょうが、
茶系だと湿った泥になるでしょう。
今回は軽く埃った程度の汚しにしたかったのであまり泥だらけにはしたくない。
WACのドライバーを乗せたいので最前線を走り回った雰囲気は不似合かなと。
第5軍のMP大隊にWACが居たのかどうか不明ですけどね。

今の状態でも予定より乾いてこびり付いた土が多過ぎると反省。
ここに土が付くなら、他の部分にも付いているだろうと思いますが、
この辺の按配が良く解らず・・・。

まあ、疲れましたが面白かったです。
今風のウェザリングって初めてだったんですよ(笑)。
俺はAFVモデラーでは無かったのだなと(笑)。
少年時代にバーリンデンの真似をしていた事はありましたが・・・。

初なのでシャーシの前方は試行錯誤。
奥まった部分に筆が上手く届かず、部品の保持にも苦労してました。
プラモデル作りって大変だったんですね(笑)。
段取りが解って来た後方はあっという間に終わりました。

vallejoでODに変化を付けておいて、
Mrウェザリングカラーのサンディウォッシュで埃を付けて、
油絵の具で調整と暗部のウォッシュという技法に落ち着きました。

Mrウェザリングカラーだけでも済みそうですな、これは面白い塗料です。
まだサンド1色しか持っていないので結果はやや単調な印象でありますが、
数色使うと深みも出そうです。

vallejoもPANZER ACESのDark Rustがそのまんまでも良い錆色になり、
ついついたくさん錆を描き込んでしまいそうで面白かったですねぇ。

油絵の具もシッカチーフとエナメルのフラットベースを多めに混ぜると
乾燥も速く艶も完全に消えてくれます。

クサカベから「超速乾メディウム」と言う物も出ているようですね。
シッカチーフより強力だとさらに面白い事になりそうですな。
美少女フィギュアの仕上げ塗装にも使えるかな?

今はタイヤを塗りながらボディの研磨をしています。
美少女フィギュアのお仕事をしながらボチボチ進行して行きますわ。

| | コメント (0)