« cat drawing | トップページ | clasp »

2011年5月 2日 (月)

Funkgerät

Stug3095 Stug3096
たいへん良く出来た部品です。

Stug3097 Stug3098
資料を見て、薄々加工。
やはりこういった物は真鍮板で作ったほうが良い。

Stug3099
ちらりと見える楽しさ。

Stug3100
ここのところ、ドイツAFVの無線機について調べていました。

Stug3101 Stug3102
こういう素晴らしい資料も見付かりました。
変圧器や接続箱などの小さな部品が欲しくなります。
1/35ドイツAFV用の無線機セットをドラゴンあたりで出してくれんかな。

Stug3103
固定戦闘室のAFVは、おうちみたいで面白いねぇ。

|

« cat drawing | トップページ | clasp »

コメント

>engravingjapan様

これはご丁寧にどーもー。

投稿: ねんどくん | 2011年5月16日 (月) 15時47分

型取りシリコン「プロシリコンシリーズ」安全な作業で型取りシリコンを使用できます。
無害樹脂を使用しています。20分以内の作業では保護手袋も使用しません。

シームレスシリコンから高強度シリコンまで揃えてありますので、
ぜひともサイトまでお越しください。

物性データ:http://www.engravingjapan.com/SiliconeRubber.pdf
【エングレービングジャパン】
[URL] http://www.engravingjapan.com

投稿: エングレービングジャパン | 2011年5月15日 (日) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« cat drawing | トップページ | clasp »