« 1/700舷窓の表現 | トップページ | ソ連兵の頭、その後 »

2012年9月27日 (木)

クイックパテで1/35ヘッドを作ってみる

35head001
クイックパテを使うとどうなるのかを確かめてみたい。

筆でシリコン型にクイックパテを押し込む作業は特に問題無く、
同時に二つのヘッドが取れましたので、硬化が速いと言っても余裕があります。
手早く確実に作業する必要はありますけど。

35head002
ノミで彫っていても割としっかりした表面でした。
瞼を作っていてポロっと行きましたがこれは作業ミス。
手元が狂えばサフでもこうなります。

ノミで削っただけなのでボソボソした感じもしますが、
サフを塗って耐水ペーパーで磨けば大丈夫かも。

モリモリは表面の状態が確認し難く、脆いので細かな加工がし難い。
スベスベのほうがしっかりしていますが、硬化不良が起き易く硬化は遅い。
サフの盛り付けが一番緻密ですが、硬化が非常に遅くて困る!

クイックパテで一挙に解決かも?
小さく盛り付けたり、耐水ペーパーで磨いたり、いろいろやってみます。
まだ分かりませんが今のところイイ感じ。

肌色なところもなんかいいぞ(笑)。



追加です。

35head003
小さく盛り付けてみました。
コリンスキー筆を使いましたが専用のヘラを作っておいたほうが良いですね。
眉毛を引くのは筆のほうが向いていますけど。
割とゆるめのパテなのでスチレンモノマーで希釈する必要も無し。

35head004
硬化が速く、一服してたらもうナイフを入れる事が出来ます。
続いて400番、1200番の耐水ペーパーで研磨。
キレイになります。食い付きも良い。

マジックスカルプだと眉毛ほどに小さく盛るのが難しい。
かなり水で薄めないと表面に上手く乗ってくれない感じ。
乗っても硬化が遅いし、硬化後に削っていると剥離する事もある。
マジスカはもう少し大きなスケールに向いているのかな。

クイックパテは筆の先から望みの場所にべちゃっと簡単に乗ってくれます。
そしてこの硬化の速さとそれなりの密度を持っているのです。
もうベタ褒めですねぇ。

|

« 1/700舷窓の表現 | トップページ | ソ連兵の頭、その後 »

コメント

はい、またお越し下さいませ。

美少女ものをさっさと作って1/35だ(笑)。

投稿: ねんどくん | 2012年10月 4日 (木) 19時14分

丁寧に回答いただきありがとうございます。
なるほど、そこら辺の注意しなければならない点は程度の差はあれど…って感じなんですね。

製作の進捗画像を拝見していると色々と参考になりますので、
これからの記事も楽しみにしています。

投稿: dMR | 2012年10月 3日 (水) 22時55分

dMR様、ご無沙汰してます。
こちらでははじめましてですねぇ。

その後、追加加工をしているとポロリと剥離する事がありました。馴染みと言いますか、食い付きは悪い時もあります。しっかりしている場合もあるので、もうちょっと使ってみないと何とも。完全硬化していなかったかもしれませんし。

剥離は磨耗気味のノミでやや強引に削ぎ落とそうとした時に起きます。削ぐというより押しちゃってる感じになる時ですね。鋭利に研いだノミ、新品のナイフで慎重に加工しないといけませんね。

耐水ペーパーでの研磨も1200番くらいなら剥離はしない感じです。400番くらいだと危ない。

ご質問の元の地との境界は、盛って磨いてを繰り返すうちにだんだん馴染んで来ると思いますが、やはり最終的にはサフで一層覆ってやる必要があるかもしれません。

元の地との境界についてはあまり気にしていなかったので、これからの加工では注意してみます。

今は顔だけですが、服や装備もこのパテで行けるのかどうかも作ってみないと分かりませんね。まあ各種材料を組み合わせたものになると思いますけど。

これらの点はまた記事を書きますので。

投稿: ねんどくん | 2012年10月 3日 (水) 18時27分

どうも、こちらでははじめまして&お久しぶりです。

この造型具合は凄いですね。
どちらかと言えばエポパテ派なのでポリパテでここまで作り込めるか、と驚きです。

エポパテとかだと追加盛りした時に、
元の地との境界ラインの微妙な段差の処理が気になったりするのですが、
ポリパテだと盛る時に柔らかい分、そういう馴染みみたいなのは気にならなかったりするのでしょうか?

投稿: dMR | 2012年10月 2日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1/700舷窓の表現 | トップページ | ソ連兵の頭、その後 »