« ひー | トップページ | 1/35 「BROWNING MACHINE GUN CAL.50 M2」 その2 »

2014年5月24日 (土)

1/35 「BROWNING MACHINE GUN CAL.50 M2」 その1

いやーどもども。
電池が切れて、しぼしぼにしぼんでいましたよ・・・。

細かい物を作ってパワー充填。

50cal001

50cal002

50cal003

tascaの1/35M2重機関銃。

Fine Moldsが61式戦車を出してくれるので、キューポラ上のM2を作っておこうかと。
 barrelとbarrel supportはAdlers Nest製を用意。

50cal005
実はtascaのreceiver部品とAdlers Nestのbarrel supportは幅が合わない・・・。
receiverを半分に割って0.2mm幅詰めしました(笑)。
えらい事になっています。

50cal006
半分に割ったのはbolt studの通る隙間を完全に開けたかったという理由もあり。
キットも頑張って半分くらい開いているのですが、不完全だったので。
はー、これですっきりしましたわい。

50cal007
内側を塗装して、そろそろ貼りあわせまする。

AFV clubのM2が最初からreceiverを半分に割ったパーツ構成で、
bolt studの隙間もきれいに開いているようです。
次からはそっちを使っても良いかな。モールドがtascaに勝っているならば。

Fine Moldsの61式戦車は楽しみです。
この日を夢に見ておりました。資料も馬に食わせるほどあります。
3個買いでは済みませんね、まあ10個は買うでしょう、わはは。


その前に、美少女フィギュア原型作り。
まだ終わってねぇーのよ(TдT)

|

« ひー | トップページ | 1/35 「BROWNING MACHINE GUN CAL.50 M2」 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひー | トップページ | 1/35 「BROWNING MACHINE GUN CAL.50 M2」 その2 »