« 3Dスキャンキットを鑑賞しよう会、その2 | トップページ | 髪を付けてみる »

2016年3月17日 (木)

3Dスキャンキットを鑑賞しよう会、その3

Pb11minami35001
MODELKASTEN PB11「 1/35佐藤ミナミ」

サフを吹いたので鑑賞してみよう。
Mr.プライマーサーフェイサー1000を使用。
以前のレジン用プライマーが生産中止だそうで、こちらに切り替え。
食いつきは良いです。研磨中に嫌な剥げ方はしない。

で、まずは笑顔ヘッドから。これをボディにつけています。
さすが3Dスキャン、破綻の無い良い笑顔です。
美女に描けると思うよ。いい形をしているのが解るか諸君!
ライフマスクなどでも東洋人女性はたいていこんな感じになる。
あとはお化粧だよ。

Pb11minami35002 Pb11minami35003 Pb11minami35004
おすまし顔ヘッド。
こちらも東洋人の的確なる表現です。スキャンだから当たり前だが。
だが、鼻や唇に何かゴミが付いたままシリコンを流したのか?
慎重に削る必要がある。

後頭部のぶつぶつとした表面は、これがプリントされた生の表面か?
それを判断する知識は持たないが。
積層状の表面になるものと思っていたが謎だ。
ま、サフを塗布してある程度整えようと思う。

Pb11minami35005 Pb11minami35006 Pb11minami35007
むくれ顔ヘッド。
これぞ3Dスキャンの醍醐味。お見事。

こういう表情を破綻無く作れる原型師は1/35業界にはまずいないだろう。
大きな作品を作る彫刻家では珍しくないが、
不思議とミニチュアフィギュア界にはいないのだ・・・。

小さ過ぎて何かと難しいのだろうと思う。
作業中に良く見えず加工し難い。
シャープなスジボリは割りと簡単だが微妙な曲面は難しい。
画力が無い、解剖学を知らないという以外に何かあるかもしれん。

それはさておき、3つのヘッド共に耳のモールドが無い。
これは意外でした。
プリントされた段階では有ったのか否か解らない。
おそらく複製用原型に調整するでしょうから、その段階で捨てたか?
どの段階で捨てたか想像する他無いが、
レジンキットならまだまだ精密な表現が可能なので頑張って欲しい。

複製の状態は気泡皆無でたいへん素晴らしく、また羨ましい!
しかし、油粘土を充分クリーニングせずシリコン流してないか?
気泡が無くてもこの荒れ方の修正は気泡処理以上に手間がかかる。

人類は、3Dスキャン&プリントという武器を手に入れたが、
複製用原型に調整する職人と、シリコン型を作る職人の手が追いついておらん。
今はそういう状態か。まだまだ最後は人の手ですね。

原型を調整する人と複製品を作る人が良い仕事をしないといけないよ。
もっと美しいものになるはずだ。コストを抑えたのかもしれんが(笑)。
このキットは確かWFで売ってたのでイベントに合わせて急いだか?
それなら仕方が無い、業界ではよく有る事だ(涙)。

Pb11minami35008 Pb11minami35009 Pb11minami35010 Pb11minami35011

Pb11minami35012 Pb11minami35013 Pb11minami35014
離れて見てみる。

シニヨンを自作して胸像として活かしてみたい。
表面処理に手間が掛かり、今すぐ塗り始めるというわけにはいかんな。

Pb11minami35015 Pb11minami35016 Pb11minami35017

Pb11minami35018 Pb11minami35019

Pb11minami35020 Pb11minami35021 Pb11minami35022
全身。
堂々たる造形。良い時代が来たな。

「これだけの巨乳なのにあまりエロくないね」とフィギュア友に問うたら、
「極めて健康的でフェチ要素がゼロです」との答えが返ってきた。
エロフィギュアに盛り込まれている核心要素の何たるかが見えてくる。

体のほうも荒れを除去せねばならん。
特に左手や両靴がかなり乱れている。
これらの画像はすでに一部加工している状態です。

手は表面が乱れていてもスキャンによって得た美しいフォルムが残っている。
荒れていても見事なのだ。大きな形状の修正は一切必要無い!
これまでのフィギュアは「この大きな形」が間違っている物がほとんど。
細部など問題では無いのだと強調しておきたい。

これからは3Dスキャンフィギュアが増えて来るだろう。
TAMIYAの3Dスキャンフィギュアもどんどん良くなっている。
楽しみだね。

ミニチュアフィギュアをスクラッチする人々には良いお手本となるキット、
強くお勧めする。

|

« 3Dスキャンキットを鑑賞しよう会、その2 | トップページ | 髪を付けてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3Dスキャンキットを鑑賞しよう会、その2 | トップページ | 髪を付けてみる »