« 大和その5 艦尾の謎と軍艦旗 | トップページ | 大和その6 旗竿 »

2018年6月18日 (月)

1/700 艦NEXT 比叡を部分的に塗装

Hiei028
FUJIMI 艦NEXT 006 日本海軍戦艦 比叡

比叡を組んだのは去年だったか。
http://nendokun.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/1700-next-0908.html

無塗装メタルシール仕上げで飾ってありましたが、部分的に塗装を施した赤城金剛と見た目のバランスが取れてないと感じておりましたので、分解して細部塗装を施し通風筒も植えてやりました。組むだけなら一日で出来ましたが細かな塗りわけはさすがに3日くらい掛かります。

Hiei029
パチ組み艦隊第一戦隊に復帰せし比叡。よく言ってる事ですが、まことに良い時代になりました。難しい工作は何もしていない、塗りわけの為に一応資料は見ますが考証はしない、にもかかわらず不思議な満足感があります。本来プラモデルはこれで良いのでしょう。昔のWLに比べて格段に精密なものになっているせいもありましょうが。シリーズ次回作の長門も楽しみです。

Hiei016 Hiei017 Hiei018
塗装中の様子を。窓を黒く塗ると締まりが出てきます。窓はタミヤエナメル。だいたいファレホでやっています。

Hiei019 Hiei020
リノリウムを塗り忘れていた。突起物もいっしょにベッタリ塗って、はみ出しは後から削ってやればいいやという作戦でしたが、防空指揮所はしぬる。はみ出さず塗るに越した事は無いようで。

Hiei021 Hiei022
なんとか削り取り組み立て安堵するも舷燈の色を左右で間違えていた事に気付く(笑)。なぜここを間違えた?こっそり直しておいた。

Hiei023
17m艦載水雷艇は塗りわけが多くて結構たいへん。作り込む時は各部をバラバラに半スクラッチ状態になるでしょうから塗りわけはかえって楽かもしれぬ・・などと方法を妄想しながら、マスキングはせずファレホで筆塗り。伸びが良く、隠ぺい力もあるのでこうした物には向いている塗料。

Hiei024 Hiei025
95式水偵。零観は丸メカを持っていますが95式は資料本を持っていなかった。いやーしまった、搭載機の資料も要りますなあ。ミッドウェーの頃なら迷彩はしてないかも?と思い検索するも濃緑色の場合の各部の塗装がわからず。学研本の大スケール模型の塗装を参考になんとか。

日の丸は手描き。止むを得ず手描き。赤はファレホ、白フチは油絵の具。要求水準を下げてあるので一発描きでも何とか出来ました。完璧モデリングの場合は何かきれいな円を出す工夫を要する。やはりここはデカールかな。キットには水転写デカールは入ってなかったみたい?金剛のデカールは白フチがズレていてガッカリ。こういうデカールも買っておかないと。

Hiei026 Hiei027
キノコ栽培です。これも切りっぱなしでは切り口が目立ちますね。固まるのを待って削っておきました。パチ組みの時は高性能なニッパーが欲しくなります。普段は切り口を必ず研磨するので必要を感じませんけど、手間をかけたくない時には良いでしょうね。弾薬箱等は両面テープで貼り付け。

Hiei030 Hiei031
そんなこんなで塗装完了、合体っ。撮影環境は相変わらずですけど、お手軽フィニッシュ比叡の勇姿をご覧頂きます。たまにはこうした喜びを味わいませんと。見えないレベルの工作や答えの見付かりそうにない考証で疲れたら艦NEXT。

Hiei032 Hiei033 Hiei034

Hiei035 Hiei036 Hiei037 Hiei038

Hiei039 Hiei040 Hiei041

Hiei042 Hiei043 Hiei044

Hiei045 Hiei046

Hiei047 Hiei048

Hiei049 Hiei050

|

« 大和その5 艦尾の謎と軍艦旗 | トップページ | 大和その6 旗竿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大和その5 艦尾の謎と軍艦旗 | トップページ | 大和その6 旗竿 »