« 戦艦長門の考証 その1艦橋 | トップページ | 陸奥の艦橋も考察 »

2019年3月11日 (月)

戦艦長門の考証 その1艦橋(2)

Nagato184
長門艦橋その後です。セルター甲板も加わり、司令塔艦橋と下部艦橋との合わせ目を磨いているところです。左舷は完了、次は右舷というところですが一旦まとめておきます。右舷も終わったら壁面の失われた小さな物体の再生です。まだ終わらん・・。

Nagato176 Nagato177 Nagato178

Nagato179_2 Nagato180_2
現在の状態。小さな構造物は両面テープでの仮付けです。ではここまでの作業の様子をば。

Nagato148 Nagato149
9、「下部艦橋」の続きから
現物合わせで複製した木甲板を切り出す。後ハメはかえって難しいです。こうしたものはスクラッチのほうがきれいで簡単でしょう。今回は隙間が出ても良いので気は楽ですが。

Nagato150 Nagato151
ブルワークとのキワが折れそうで(この後折った)スリル満点。砲座の下は鋼板がこうなっているように見えましたので自作。たぶんこうした継ぎ手のような物があるのでしょう。

Nagato152 Nagato154
塗装して無事合体。まだ接着はしていない。ナノドレの高角砲がやっぱりカッコイイが検証模型には勿体無いか。連装機銃はナノドレにしないと大き過ぎてブルワークに余裕が無いが、高角砲はさほどオーバースケールという事もない。

Nagato153
吸気筒はキットの物を加工。天窓はキットから剥ぎ取ってきましたが、後でもう少し大きくしておきます。丸窓の数も8個にします。とりあえず乗せる。

天窓の左右は缶室吸気筒らしいですが、これが左右非対称形だったとは驚きました。あの平面図が無ければ誰も分らなかった事でしょう。ここの写真はあるのですが爆撃後なので歪んでおり、まさか非対称とは思いませんでした。

Nagato155
そしてキノコ栽培です。まず主要な物から。このくらいが丁度いい感じ。

Nagato156 Nagato157
キノコ育ち過ぎ。レイテ戦後の爆撃被害写真に写っている物を全部付けてみるとたいへん鬱陶しい。BONDICで留めています。全部付けるか悩みますね。

Nagato158 Nagato159 Nagato160
後ろの壁の扉、窓、通気口を再現。が、ここで甲板の作り直し。ブルワークのプラ厚等を考慮せず作っておりましたので、高角砲の旋回中心が内側にずれておりました。ギリギリまで攻めてみました。砲座内の継ぎ手は省略。今度は写真の印象に近付いた。

Nagato161 Nagato162
10、「セルター甲板」
行ったり来たりも厭わぬ。セルター甲板部品はキットのダボ穴を埋めて使用。

Nagato164 Nagato165
まず副砲。キットの物は実はだいぶ大きい。素組みでは気になりませんがここも検証します。自作は避けたいので代用品を探したところアオシマ陸奥の物が大きさ形ともに大変良い印象で採用。特長門の物も大きさは良好。

Nagato167
砲廓下縁も修正。キットは砲盾の直径が大きいせいかハミ出さないように折角がたくさん与えられているようです。各社各キットいろいろ違っており面白いものです。

Nagato166
そして砲廓の成形中、何か砲の取り付け位置に違和感を覚える。均等配置ではないのか?

Nagato_research053 Nagato_research054
写真では何とも判断が付かぬところがございました。船外側面図に答えがあるでしょう。キットほど不均等では無さそうなので、妥協点を見出し何とか収めました。下部艦橋の形状にも影響するので難しいものがあります。

Nagato168
このように決定をみました。壮絶な切り張りでございました、はい。

Nagato169
セルター甲板の後端、フジミは艦NEXTでも特長門でも探照燈台との間に隙間が出来る点がみょうだなと思っておりましたが、陸奥には隙間は無いのでそのようにしておきました。内部は煙路と通路の空間があるのでアオシマに準じて加工しました。

Nagato170 Nagato171
木甲板はプラ板を外周に貼って少し大きくしています。船縁の造形的特徴を検証するための処置ですが、これは次回の記事にて。

Nagato172 Nagato173
ようやく接着に漕ぎ着けて一安心。こうして見るとだいぶ違うもんでしょう。興味の無い方には間違い探しのレベルでありますが・・・。

Nagato174 Nagato175
2番主砲塔バーベットも合体。合わせ目にキットのランナー欠片やねっとり系接着剤を塗し、完全硬化したら研磨。研ぎに使う工具はこんな。必要な場所に合わせて好きな形に切り出せる便利なWAVEダイヤモンドやすりシートです。カッターで切ったら端面をナイフ状に削ります。するとスクレーバー的な効果も併せ持つようになりますのでガシガシ削れます。目詰まりも無い。

Nagato181 Nagato182 Nagato183
で、また通風筒を仮付けして今はこんな。右舷の壁を磨き終わったら小物の再生。ディテールの調査中です。

あと一回で艦橋は完成と行きたいです。
ではまた~。



参考文献/引用元。

デアゴスティーニ・ジャパン「週間 栄光の日本海軍パーフェクトファイルNo.14 長門型戦艦」/潮書房「丸スペシャルNo.54日本の戦艦」/潮書房光人新社「丸1月別冊 第二次世界大戦 日本の戦艦 大百科」/光人社「日本海軍艦艇写真集1 戦艦 大和・武蔵・長門・陸奥」/Gakken「歴史群像シリーズ 帝国艦隊の礎 八八艦隊計画」/Gakken「歴史群像 太平洋戦史シリーズ15 長門型戦艦」/海人社「世界の艦船 1981年11月号」/海人社「世界の艦船 1994年11月号増刊 新版・連合艦隊華やかなりし頃」/海人社「世界の艦船 2017年2月号増刊 傑作軍艦アーカイブ3 戦艦長門型/モデルアート社「モデルアート3月号臨時増刊 No.796 スーパーイラストレーション 日本海軍戦艦 長門」/他

|

« 戦艦長門の考証 その1艦橋 | トップページ | 陸奥の艦橋も考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦艦長門の考証 その1艦橋 | トップページ | 陸奥の艦橋も考察 »