2017年2月22日 (水)

完成見本を作る、その15

その後、いろいろ作ったり塗ったりしてましたのでまとめて近況。

Wac345 Wac346
1/35「女性立像」の顔を加筆。

Wac336 Wac342
以前の状態と比べると、目を中心にキリリと引き締まって参りましたな。
睫毛を描く時は所謂「デカ目メイク」のように太い線で描くのが良いと悟る。下の睫毛も描いたほうが良いらしい。ほんとに女性のメイクと同じですね。

私も含めてモデラーはどちらかと言うとフィギュアヘッドのモールドに沿って線を引いてしまう傾向があるかと思います。女性ヘッドの場合は意識してキットのモールドに逆らい、メイクで大嘘をつくと良い結果が得られるのでしょう。

今後は原型を作る場合にも太い睫毛が描ける余地を出来るだけ与えておこうと思います。ま、充分な余地が無くとも無理やり描いてしまえば良いわけですが。

このヘッドはファレホで肌色の下地色を塗った後、ほとんど全て油絵の具で進めています。極薄く溶いた絵の具を重ねていく方法なので、一度に色がしっかり着かない。最初の段階では肌色の濃淡がハッキリ見えると思います。一層ごとに充分乾燥させながら色を重ねて、徐々に色のムラが無くなって行く様子も解ると思います。

この方法は時間が掛かり過ぎるのが難点。いっぺんに仕上げる事が出来ない私には向いてますけどー(笑)。

Oilpaint
ご質問も頂いたので技法について少し詳しく書きます。
上はコピー用紙。油絵の具はフィギュアペインティングに用いるには少々油が多過ぎる感じですので、紙の上に広げて余分な油を吸わせます。吸わせる加減はお好みで。30分か1時間かな?目で見てぎらついた油分が少なくなっておれば良いかと。

下は紙パレットを小さく切った物。ここに粘土ヘラでコピー用紙からこそぎ取った絵の具を移動させます。使っている色については追々。肌色にはジョンブリアンを使っています。混色して肌色を作るのも面倒なのでこれが便利です。いつも一定の色味なので時々加筆する際にも混乱がなくてよろしい。

Thinner
溶き油など。油絵の具は模型用塗料では描きにくい極細の線や点が描けるのは良いのですが、乾燥が遅いのが難点。乾燥促進剤を入れましょう。私はクサカベのものを使っています。入れ忘れると翌日に加筆出来ない・・・。この季節は特に乾燥が遅いのでご注意。油絵の具も下に塗った色が乾燥してから上に重ねるのがよろしい。ブレンドはなんぼでも出来るものですが、筆痕の凸凹が生じやすいし、色が濁って汚いかもよ。

ついでにつや消し剤としてタミヤエナメルのフラットベースを極少量加えています。入れ過ぎると白化しますので気をつけて。これを加えなくても油絵の具は乾燥後はだいたいつや消しになりますが、塗ってる最中にあまり艶々してると塗装完成時の色の調子がわからない事もあるので加えています。加えない時も多いです(めんどくさいので)。

油絵の具の乾燥後の艶は顔料を練っているリンシードオイルのせいでしょう。これをコピー用紙にある程度吸わせているので過度に艶が出る心配も減っているかと。キャンバスに絵を描く時は逆にリンシードを加えて艶やかな画面にしたりするのですが。

次に溶き油。主にテレピンですが、量も減って来たので最近はタミヤのエナメル溶剤を使用。両者はさほど変わりはありません。少なくとも結果には何も影響なし。エナメル溶剤のほうが多少乾燥が速いとも聞きますが大きな違いは無い感じ。まー乾燥促進剤を入れていますし・・。

瞳を描き込む時はこれでかなり薄く溶いています。軽く色に染まったほとんど溶剤みたいな状態。濃度は描く場所によって調整します。ほっぺた辺りは少し濃く硬く練ったほうがブレンドも容易かと。練り方で随分違うので上手く行かなくても諦めずいろいろお試しください。練りの調整のためにも紙であらかじめ油分を吸い取っておくのが吉。

Wac347
1/48さんのほうも進めています。うちの1/35ヘッドはやはり小さいですね。ヨンパチとあまり変わらないような・・・。マスターボックスの1/35ヘッドはヨンパチと並べるとかなり大きいですが。

Tamiya89767017 Tamiya89767018
首から上はほぼ終わり、下に塗り進んでいます。こちらは目鼻口の描き込み以外は全てファレホです。金髪表現は頑張ってみました。結構光った感じが出たと思います。

Paintingblonde001
事前の金髪色研究。ファレホで塗るならご覧のボトル。可能な限り少ない色で混色するならこうですかね。右の2本で暗部、中央の2本で中間部、左の2本はハイライト。少し青の入った白がハイライトを強く見せるようですよ。黄色の補色みたいなものですね。絵を描くときの技法です。

Paintingblonde002 Paintingblonde003
そして、そのテスト塗装。ファレホは極細の線が引けないのでどうしても面的に塗る事になります。漫画家がペンと黒インクだけで金髪を描く時のように多数の線を引けば良い効果が得られると目論んでおりましたが、ファレホではそんな細い線は引けず、またヘッドの髪のモールドも不明瞭でどこにどう線を引けば良いのかかなり悩んでしまう状態です。

Paintingblonde004 Paintingblonde005 Paintingblonde006
タミヤのエナメルだとどうだろう?とテスト。エナメルも極細の線は無理、乾燥が速過ぎて適切な濃度が維持出来ません。所有色が少なくて苦労しましたが、使用した色はベースがダークイエロー、ハイライトはホワイト、暗部は黒とオレンジと青からどうにかこうにか作り出しました。タミヤのラインナップにはもっと適した色があるでしょうが、エナメルは特にメリットを感じないのでこれまでじゃ。

私が思うに金髪の色は、ハイライトも含めた明るい部分は黄緑寄りの黄色で明度が高く彩度が低いもの、中間部から暗部にかけて徐々に色相はオレンジまたはレッドオレンジに移行し、明度は低くなっていき、彩度は意外と高めに移行して行くのが良いと考えています。

Paintingblonde007
昔、某お絵描き板で描いたお人形さんのらくがき。上記金髪の色はこれを描いている時に気が付きました。パソコンのお絵描きソフトはパレット上で色の属性を理解しやすいため、絵の具で絵を描いている時には理解出来なかった事も解るようになりました。

サムネでみると充分金髪に見える事と思います。適切な色を選び、明部から暗部にかけて特に彩度を上手くコントロールする事に尽きると悟る。ミニチュアフィギュアで金髪に失敗した例(金髪というより黄色に見えるような例)は、たいてい明るい部分の彩度が高過ぎるせいではないでしょうか?これはドールヘアなので全体的に鮮やか過ぎますが、金髪の明るい部分の色はさほど彩度は高くは無いはず。ダークイエローなどのサンド系の色が案外良い結果を生むのはその為でしょう。

また、金属のような輝きは「明度差で描け」と、学生時代の恩師の言葉が今も記憶に鮮明に残る。これはミニチュアフィギュアの表面上でも同じですね。

色相は黄色から橙赤くらいの変化(紫や青まで行っても構いませんがあんまり必要は無い)、彩度は明部は抑制し暗部は高め、明度は高低差を強く明瞭に幅広くとる。これが秘法と見たり。

Hc35head001025
また、塗装を補う下の形も重要であろうと想像しております。髪の線を描きやすく塗装と良く響き合う形があるはず。形状はあまり曖昧にせず整理されていたほうが良いと思い、試作を始めました。これはうちの1/35ヘッドセットです。同時に美少女フィギュア風の髪造形も応用すべく真鍮線から後れ毛を削り出しております。上手く行きそうなので前髪も表面から浮いた表現にしましょう。

Hc35head001026
前髪など強度が必要なところは真鍮線から削り出した物を使ってみます。

Hc35head001027
新たに同じヘッドを用意して本番。表面処理を終え、頭頂部の結い上げた髪を作った後でシリコンを塗り、ポリパテで髪のベースを盛り付けて行きます。形状調整の研磨は本体から分離して行います。パテサフの団子状態にならないように。

Hc35head001028
強度の要らない部分はプラペーパーから切り出し、パテと絡めながら少しずつ取り付けて行きます。後れ毛と塊のバランスの良い配分、変化に富み、リズミカルで美しく流れ、塗装を助ける形状にという、これまた面倒な事を始めちゃいましたが(笑)。


説明しながら記事を書くと長いのう・・・。

| | コメント (2)

2016年4月25日 (月)

近況とか

Cat125
1/35猫に展示ベースを作りました。
エバーグリーンのプラパイプ利用。

Cat126 Cat127

Cat128 Cat129
これで完成。

Cat130
手前にある筆で猫の目を描いたわけですが、よくこれで描けたなと・・・
どうやって描いたのか私自身も不思議だ。
TAMIYAのMODELING BRUSH PRO No.000は良い筆です。

MODELKASTENからアイフィニッシャーという筆が出てますね。
なんか面白そうですな。機会があれば買ってみよう。
毛の本数を調整してあるそうで、
確かに1/35フィギュアの目を描くには筆の毛は少ないほうが良い。

Tamiya35219mb022
MBは、tail lightを自作したり。
ちびちびと進めてます。

が、現在は美少女フィギュアのお仕事体勢になってますので、
1/35のほうはまたしばらく停滞ですなぁ・・・。

あんまり更新しなくなると思いますが、元気でやっとりますので。

あ、そうそうFineMoldsの60式自走106mm無反動砲、買いましたよ。
61式戦車よりもリサーチが行き届いてる感じで、なかなか良いですぞ。
61式のほうも暗視装置付が出るそうな。楽しみじゃ。

手早く作る事を覚えねば、積みプラばかり増えますな(笑)。

| | コメント (0)

2016年3月22日 (火)

完成見本を作る、その14

Cat120 Cat121 Cat122

Cat123 Cat124
猫2号、完成。

もう疲れたので完成とす。
キジ猫に挑まないほうが良いですよ。めんどくさい!
次からは描きやすい柄にしよう。

キジ猫に塗る場合はカーキとブラックがよろしいようです。

展示用ベースをプラ材で作っています。
コインサイズのフィギュア用ベースってないものかなー。

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

完成見本を作る、その13

Wac342
奥二重まぶたにしてみました。
キリリっとしてきますな。無表情なのがつまらんなー。

いけないお化粧マジック。
女性を塗ってる最中、頭の中であの歌がぐるぐる~しませんか?

Wac343
1/35二重まぶたを接写(笑)。

この細い線を引く時に、筆は表面に接触しているが、
絵の具が表面に移動しないという現象を体験(笑)。

たぶん、乾燥メディウム等が多過ぎて筆がすぐ乾くのかな?
絵の具の練り方を変えて、虹彩を描いてみたい。

vallejoではこんな線は引けませんが、
油絵の具ならまだまだ描き込めると思うんだよ・・・。
割合細い線や小さな点は描きやすいはずなんだが。

Wac344
キジ猫の色を調整してます。
薄塗りなので強い下の色をなかなかカバー出来ないわよ。


そんなこんなで、
MODELKASTENの1/35佐藤ミナミを注文しました。
女性フィギュア原型の大きさの基準としてみたい。
どのくらいの大きさだろうねぇ。

| | コメント (0)

2016年3月13日 (日)

完成見本を作る、その12

第12回か。
前回の記事を見たら2014年の3月や・・・、
気の長い話やなぁ・・・。

Cat117 Cat118
はい、1/35猫。

白いほうはこれで完成としましょう。
ベースとして弾薬箱かヘルメットを用意してやります。
地面と草を作ってみたいなぁ。
Jeepに乗せるのも良いか。

Cat119
キジ猫の色が難しいです。
うちの子を毎日見てるのですけどねぇ。
赤みが強すぎました。

Cat119b
このくらい枯れた色してますよね。
ツヤも出ちゃって、上塗りで何とかなるのだろうか。

vallejoで下塗りして油絵の具で描いています。
他の作業で時間を潰し、夜になったらほぼ乾燥してるでしょう。
たぶん。

| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

塗装再開

だいぶ暖かくなってきましたなー。

Wac336 Wac337 Wac338
すっかり放置していたHC35000JP000の塗装。
一旦塗装を落として油絵の具で描き直してみた。

Wac334
vallejoで塗っていた頃の画像。
このままでも良かったような気がするが。

Drying_medium
クサカベの超速乾メディウムを入手しましてな。
なんとなく油絵の具だけで塗ってみようかという気になりましてな。
これは良いものです。
朝に1層目を塗ったら、夜には2層目を塗る事が可能になってます。
シッカチーフより良い。

ホルベインからはラピッドメディウムというものが出てます。
こっちのほうがより強力かもしれないね。
数十分で乾燥・・とか書いてますし。
そのうち試してみましょう。あまり速過ぎても困るような気もしますが。

Cat115 Cat116
にゃんこ。
こちらも塗装し直し。立ってるほうは柄を明るい色に変えてみた。
白いほうには目にハイライトを描いてあります。
1/35の細部塗装ではこれが限界でありましょう。もう人類の限界だよなぁ。
コリンスキー筆の先端でもまだ太いと感じるのが顕微鏡モデリング(笑)。

Wac339 Wac340 Wac341
離れて見るとこうです。

で、このまま油絵の具で進めるつもりでしたが、
筆ムラ防止のために極端な薄塗りゆえ、なかなか色が着きませーん。
やっぱりそうなるか。

油絵の具は目鼻口耳のディテールには向いているが、
頬くらいの面積になるともうダメじゃ・・・。
めんどくさいわ。
乾燥は速くなったが油絵の具ではモチベ維持が出来ん・・・。

ここからはvallejoかなぁ?
ま、油絵の具と併用してどうにか完成させてみる。

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

完成見本を作る、その11

Wac334
目を油絵の具で整えています。

Vallejoで肌の陰影を作りながら目も整えて行けば良いと考えておりましたが、
東洋系の女性の顔は深々と濃厚な陰影をつけるところがありません。
小細工を弄する余地が無い・・・。

目鼻口耳を細かく描き込む事によって深みを出すのが良さそうです。
なら、もう油絵の具で描いたほうが早いですなぁ。

先にVallejoで描いた睫毛や眉毛を薄い肌色で修正するのはやはり手間が掛かる。
案の定まったく無駄な作業になりましたわい。
塗料を全部落としてやり直すのも一興なれど、このまま進めたい。

Wac335
白い顔に眉毛と目をくっきり描いているので遠くから見ても人相が良く解ります。
眺めていると面白いですな。

女性ヘッドは、簡単な肌塗装の上に目だけしっかり描き込むだけで良いのかも。
凝った陰影の表現は肌よりむしろ髪に必要かも?
黒髪は金髪ほど面白い表現は出来そうにないがなぁ・・・。

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

完成見本を作る、その10

Wac322 Wac323
薄く溶いた色を置いて行きます。
とりあえず表面の凸凹や粒々は気にせず。

基調となる色は吹き付けたほうが合理的でしょうが、
筆で5、6回重ねた状態であります。

ここから先は少しずつ明暗の階調を与えて行きます。
現状では単に凹部に塗料が多く溜まって、凸部は薄くなっているだけです。


Wac324
追記、本日午後の作業。

表面の粒々は製作途中で除去出来る物は取ってやりたいと思います。
筆を洗った時に出る粒を拾ってしまったものかと想像しています。

原型制作の途中にパレットを出して少しずつ色を重ねているので、
乾燥時間が充分に取れて良いかもね。必要以上に乾燥させてますけどー。

Wac325 Wac326
こちらのほうが実際の色に近いかな?

Vallejoの極薄希釈レイヤーリング塗りは慌ててはいかん。
先に塗った層がしっかり乾燥してから重ねないと平滑な表面にはならないよ。

暗色を置き始めました。
基調色にGAME COLORの72043 BEASTY BROWNを混ぜました。
頬にはMODEL COLORの70909 VERMILLIONを少し加えました。

いつもはBURNT UMBERあたりを使いますが違う色も使ってみたい。
GAME COLORには面白い色が多いですな。

ゲームフィギュアの作例も華麗な色彩のものが多い。
あれをそのままミリタリー系フィギュアに応用出来ないかもしれませんが、
色相が変幻自在でとても勉強になります。

で、VERMILLIONですが顔料が充分に拡散出来ず粒が目立ってしまいます。
ほとんど固まってしまったものをシンナーでどうにか再生したために、
ちょっと使えないボトルになってしまったかもしれない。
Vallejoのボトルは時々振ってやらないと中身が死んでしまいますねぇー。
しょっちゅう塗ってる人はその心配も無いでしょうが(笑)。

ま、他の赤系色に変えても行けるでしょう。


Wac327 Wac328 Wac329
追記、本日夜の作業。
目を描いてみたくなりましてね。

Wac330
どの段階で目を描いておくべきか?

あまり濃い線があると、薄塗りなので覆い隠すのが大変そうだが・・・。
また、はっきりと目の形を決定しておくなら油絵の具を用いるべきだったか・・・。

Wac331 Wac332 Wac333
合理的な作業手順など解らなーい。
まあ、色を重ねて参りましょう。

目の描き方で人相は決定されますな。
そこが面白くもあり怖くもあり、かな。

目が入ると楽しくなってきます。
早い段階で描いた方が良いのかな、その点では。

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

完成見本を作る、その9

はあ、3月も半ばですか。
こんな書き出しばかりになってますなぁ。
まだアニメ系原型が終わっていないのですが辛抱たまらんのでWAC塗る!

Wac316
顕微鏡で眺めるとぶつぶつとした表面です。
ザラつかないようにサーフェイサーを吹き付ける事が出来ませんでした。
たぶんこれでも大丈夫じゃないかと塗り始めてみます。
研磨すると剥げますし。

Wac317 Wac318
こういう胸像の状態の部品はキットには付属していません。
使用色の選定や様々な技法を試すために用意しました。
こういう部品が付属しておればサービス満点だったのですがご容赦を。

Wac319 Wac320 Wac321
では、隙をついてコソコソ塗っていきますので(笑)。

肌の基調色はVALLEJO GAME COLORの72003 PALE FLESHを使います。

| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

完成見本を作る、その8

「1/35女性立像」ミニチュアパークさんへ出荷しました。
ほっと一息ついてます。

塗装見本が無くて寂しいのでボチボチ塗るだ。
お客さんの参考になるように使用色を書きます。

vallejoです。
ファレホなのかヴァレホなのか、最近はどちらが通りが良いのでしょう?

Cat110
猫の体を進める。
白は820 OFF WHITEを使ってみました。
耳の中や鼻は72100 ROSY FLESHを何かで彩度を下げたもの。
なんか茶色を混ぜたような。

影の色は、
70899 DARK PRUSIA BLUE
71040 BURNT UMBER
70856 OCHRE BROWN
3色を白に混ぜてグレーを作りました。
しかし薄汚れた感じがするし、色数が多くて混色が面倒なので変更。

Cat111 Vallejo001
OFF WHITEに70807 OXFORD BLUEを混ぜて薄い紫色を作り、
OCHRE BROWNを加えて彩度を落としてみました。
これで行こうと思います。

Cat112 Cat114
黒白猫の黒は950 BLACKにOXFORD BLUEです。

で、塗り進めていたのですがどうにも細部が描き辛い。
塗料がきれいに広がらない。変な艶も出る。
乾燥後に平滑にならず塗料の厚みが出て、一部は凸凹してきた。

精製水が切れていたのでAIRBRUSH CLEANERで希釈し、
ゲームカラーの72069 GLAZE MEDIUMも加えておりましたが、
どうやら精製水がないとダメなのかもとここで気が付く・・・。
vallejoで猫の目が描けないのは構いませんが、耳の中は描けるはず。
それがどうしても細部表現に適した希釈が上手く出来ず失敗が続き・・・。

Vallejo002
希釈が命のvallejoだったね、そういえば。
特性ファレホ汁を作りました。

GLAZE MEDIUMに精製水と597 SLOW DRYを混合。
これで希釈した塗料をテストピースに塗ってみて、念入りに調整しました。
完璧な汁です。
GLAZEのボトルの中で混合しているので、必要な時に一滴出すだけ。

色はかなり薄く伸ばすので水だけでは弾いてしまう。
パレットで作った色は多少乾燥が遅いほうが助かる。
GLAZEで透明度を上げて、それを何層も重ねるレイヤーリング塗装で、
きれいな調子の変化を出すものだったんですね。
すっかり忘れてましてなー。

Vallejo003
昔塗った1/35の人。
ちょっと思い出してfgに画像を取りに行きました(笑)。
まだ顕微鏡は無く、10倍くらいでやっていた頃かな。

Vallejo004 Vallejo005 Vallejo006
こちらも未完成でずっと放置している1/20の人。
GLAZEで希釈していますが艶は出ていないし表面は平滑です。

Vallejo007
猫よりもずっと大きいけど、こうやって描けるはずなんだ。

Vallejo008
というわけで色々記憶が蘇って来て、なんとかなりそうです。
女性のほうも頭部だけのテストピースを用意しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧