2017年2月22日 (水)

完成見本を作る、その15

その後、いろいろ作ったり塗ったりしてましたのでまとめて近況。

Wac345 Wac346
1/35「女性立像」の顔を加筆。

Wac336 Wac342
以前の状態と比べると、目を中心にキリリと引き締まって参りましたな。
睫毛を描く時は所謂「デカ目メイク」のように太い線で描くのが良いと悟る。下の睫毛も描いたほうが良いらしい。ほんとに女性のメイクと同じですね。

私も含めてモデラーはどちらかと言うとフィギュアヘッドのモールドに沿って線を引いてしまう傾向があるかと思います。女性ヘッドの場合は意識してキットのモールドに逆らい、メイクで大嘘をつくと良い結果が得られるのでしょう。

今後は原型を作る場合にも太い睫毛が描ける余地を出来るだけ与えておこうと思います。ま、充分な余地が無くとも無理やり描いてしまえば良いわけですが。

このヘッドはファレホで肌色の下地色を塗った後、ほとんど全て油絵の具で進めています。極薄く溶いた絵の具を重ねていく方法なので、一度に色がしっかり着かない。最初の段階では肌色の濃淡がハッキリ見えると思います。一層ごとに充分乾燥させながら色を重ねて、徐々に色のムラが無くなって行く様子も解ると思います。

この方法は時間が掛かり過ぎるのが難点。いっぺんに仕上げる事が出来ない私には向いてますけどー(笑)。

Oilpaint
ご質問も頂いたので技法について少し詳しく書きます。
上はコピー用紙。油絵の具はフィギュアペインティングに用いるには少々油が多過ぎる感じですので、紙の上に広げて余分な油を吸わせます。吸わせる加減はお好みで。30分か1時間かな?目で見てぎらついた油分が少なくなっておれば良いかと。

下は紙パレットを小さく切った物。ここに粘土ヘラでコピー用紙からこそぎ取った絵の具を移動させます。使っている色については追々。肌色にはジョンブリアンを使っています。混色して肌色を作るのも面倒なのでこれが便利です。いつも一定の色味なので時々加筆する際にも混乱がなくてよろしい。

Thinner
溶き油など。油絵の具は模型用塗料では描きにくい極細の線や点が描けるのは良いのですが、乾燥が遅いのが難点。乾燥促進剤を入れましょう。私はクサカベのものを使っています。入れ忘れると翌日に加筆出来ない・・・。この季節は特に乾燥が遅いのでご注意。油絵の具も下に塗った色が乾燥してから上に重ねるのがよろしい。ブレンドはなんぼでも出来るものですが、筆痕の凸凹が生じやすいし、色が濁って汚いかもよ。

ついでにつや消し剤としてタミヤエナメルのフラットベースを極少量加えています。入れ過ぎると白化しますので気をつけて。これを加えなくても油絵の具は乾燥後はだいたいつや消しになりますが、塗ってる最中にあまり艶々してると塗装完成時の色の調子がわからない事もあるので加えています。加えない時も多いです(めんどくさいので)。

油絵の具の乾燥後の艶は顔料を練っているリンシードオイルのせいでしょう。これをコピー用紙にある程度吸わせているので過度に艶が出る心配も減っているかと。キャンバスに絵を描く時は逆にリンシードを加えて艶やかな画面にしたりするのですが。

次に溶き油。主にテレピンですが、量も減って来たので最近はタミヤのエナメル溶剤を使用。両者はさほど変わりはありません。少なくとも結果には何も影響なし。エナメル溶剤のほうが多少乾燥が速いとも聞きますが大きな違いは無い感じ。まー乾燥促進剤を入れていますし・・。

瞳を描き込む時はこれでかなり薄く溶いています。軽く色に染まったほとんど溶剤みたいな状態。濃度は描く場所によって調整します。ほっぺた辺りは少し濃く硬く練ったほうがブレンドも容易かと。練り方で随分違うので上手く行かなくても諦めずいろいろお試しください。練りの調整のためにも紙であらかじめ油分を吸い取っておくのが吉。

Wac347
1/48さんのほうも進めています。うちの1/35ヘッドはやはり小さいですね。ヨンパチとあまり変わらないような・・・。マスターボックスの1/35ヘッドはヨンパチと並べるとかなり大きいですが。

Tamiya89767017 Tamiya89767018
首から上はほぼ終わり、下に塗り進んでいます。こちらは目鼻口の描き込み以外は全てファレホです。金髪表現は頑張ってみました。結構光った感じが出たと思います。

Paintingblonde001
事前の金髪色研究。ファレホで塗るならご覧のボトル。可能な限り少ない色で混色するならこうですかね。右の2本で暗部、中央の2本で中間部、左の2本はハイライト。少し青の入った白がハイライトを強く見せるようですよ。黄色の補色みたいなものですね。絵を描くときの技法です。

Paintingblonde002 Paintingblonde003
そして、そのテスト塗装。ファレホは極細の線が引けないのでどうしても面的に塗る事になります。漫画家がペンと黒インクだけで金髪を描く時のように多数の線を引けば良い効果が得られると目論んでおりましたが、ファレホではそんな細い線は引けず、またヘッドの髪のモールドも不明瞭でどこにどう線を引けば良いのかかなり悩んでしまう状態です。

Paintingblonde004 Paintingblonde005 Paintingblonde006
タミヤのエナメルだとどうだろう?とテスト。エナメルも極細の線は無理、乾燥が速過ぎて適切な濃度が維持出来ません。所有色が少なくて苦労しましたが、使用した色はベースがダークイエロー、ハイライトはホワイト、暗部は黒とオレンジと青からどうにかこうにか作り出しました。タミヤのラインナップにはもっと適した色があるでしょうが、エナメルは特にメリットを感じないのでこれまでじゃ。

私が思うに金髪の色は、ハイライトも含めた明るい部分は黄緑寄りの黄色で明度が高く彩度が低いもの、中間部から暗部にかけて徐々に色相はオレンジまたはレッドオレンジに移行し、明度は低くなっていき、彩度は意外と高めに移行して行くのが良いと考えています。

Paintingblonde007
昔、某お絵描き板で描いたお人形さんのらくがき。上記金髪の色はこれを描いている時に気が付きました。パソコンのお絵描きソフトはパレット上で色の属性を理解しやすいため、絵の具で絵を描いている時には理解出来なかった事も解るようになりました。

サムネでみると充分金髪に見える事と思います。適切な色を選び、明部から暗部にかけて特に彩度を上手くコントロールする事に尽きると悟る。ミニチュアフィギュアで金髪に失敗した例(金髪というより黄色に見えるような例)は、たいてい明るい部分の彩度が高過ぎるせいではないでしょうか?これはドールヘアなので全体的に鮮やか過ぎますが、金髪の明るい部分の色はさほど彩度は高くは無いはず。ダークイエローなどのサンド系の色が案外良い結果を生むのはその為でしょう。

また、金属のような輝きは「明度差で描け」と、学生時代の恩師の言葉が今も記憶に鮮明に残る。これはミニチュアフィギュアの表面上でも同じですね。

色相は黄色から橙赤くらいの変化(紫や青まで行っても構いませんがあんまり必要は無い)、彩度は明部は抑制し暗部は高め、明度は高低差を強く明瞭に幅広くとる。これが秘法と見たり。

Hc35head001025
また、塗装を補う下の形も重要であろうと想像しております。髪の線を描きやすく塗装と良く響き合う形があるはず。形状はあまり曖昧にせず整理されていたほうが良いと思い、試作を始めました。これはうちの1/35ヘッドセットです。同時に美少女フィギュア風の髪造形も応用すべく真鍮線から後れ毛を削り出しております。上手く行きそうなので前髪も表面から浮いた表現にしましょう。

Hc35head001026
前髪など強度が必要なところは真鍮線から削り出した物を使ってみます。

Hc35head001027
新たに同じヘッドを用意して本番。表面処理を終え、頭頂部の結い上げた髪を作った後でシリコンを塗り、ポリパテで髪のベースを盛り付けて行きます。形状調整の研磨は本体から分離して行います。パテサフの団子状態にならないように。

Hc35head001028
強度の要らない部分はプラペーパーから切り出し、パテと絡めながら少しずつ取り付けて行きます。後れ毛と塊のバランスの良い配分、変化に富み、リズミカルで美しく流れ、塗装を助ける形状にという、これまた面倒な事を始めちゃいましたが(笑)。


説明しながら記事を書くと長いのう・・・。

| | コメント (2)

2016年3月19日 (土)

髪を付けてみる

Hc35head001019 Hc35head001020 Hc35head001021
HC35HEAD001の001-004番ヘッドでテスト。

鼻にデカイ気泡がある不良品を用いて髪をのせてみました。
目もサクっと描いてみましたが、モールドの位置が見えん。
サフを吹かないと透明で見えませんなー。

髪はとりあえずエポパテで頭部と一体で抜けそうな形で。
硬化後に削ってみて行けそうなら髪生え版を出してみたい。
部品分割やら何やらいろいろとハードルが待っているが。
ふわりとした髪は分割するしかなかろうな。

1/35女性フィギュアで一番面倒なのは髪の毛ではないかな・・・。
塗装と良く響き合う無駄の無いモールドは如何に有るべきか。

Hc35head001022
ミナミどんとプリクラ!
表情があると面白いものになりそうな。

Hc35head001023
かなり小さいヘッドなので、体を付けるとミナミの肩までしかないだろう。
おかーんとむすめやな。
体をつけるのは当分先になろうが。

Hc35head001024
その他、黙々と下地処理中。
疲れた・・・。

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

MASTER BOX MB35183 Pin-up その2

Mb35183h019
この人を選んでみました。
髪のボリュームを抑えて肩を削るくらいでそのままでも良いんじゃないかと。

Mb35183h020
だが、ヘッド挿げ替え。
肩の線を柔らかく削って、左手やお尻をJEEPにフィットするよう調整、
下半身は表面を磨いてるだけで大きな変更は無し。
手と足は少し小型化したほうが良いでしょうね。

Mb35183h021
素組みだけど良い線を持ってますよ。
無改造で上手に塗っている人もいますね。

Mb35183h022
少し後ろに傾いてますが、これは右足をJEEPのフードにかけるためです。
シルエットはそんなに直さなくても良い。

荒削りが終わったところなので、ここからは拡大鏡が必要だね。
また時々削ってみるよ。

TAMIYAも3Dスキャンで女性を作ってくれないかなぁー。

| | コメント (2)

2015年11月15日 (日)

MASTER BOX MB35183 Pin-up

おはようごぜえますだ。

1/6の原型を磨く日々でございますが、
ぶらり入った模型店でマスターボックスのPin-upお姉さんセットを発見。
うちのヘッドと大きさが合うのだろうかと気になっておりましてね。
挿げ替え用にヘッドセットを出したが使えるキットが無いようでは困る・・・。
簡単に付けてみたのでご覧頂きましょう。


Mb35183h001_2 Mb35183h002

Mb35183h003

まず、星条旗を持った人から。
元のヘッドは大きめなので、うちの小さめのヘッドを付けると8頭身(笑)。
ぎりぎり違和感の無い範囲かな。髪の毛を付けると適正になるかも?
肩幅は削ったほうが良さそう。


Mb35183h004 Mb35183h005

Mb35183h006

敬礼している陸軍さんかな。
ちょっと頭が小さいか。んー、これもぎりぎり行けるかな?
腕や手を小型化すべきでしょう。
体も女性らしいシルエットを与えると良さ気。


Mb35183h007 Mb35183h008

Mb35183h009

野球のバット?を持った水兵さん。
うむ、これも四肢の調整で行けそうな。
敬礼の手はうちの女性立像の手が使えると良いのだが・・・。


Mb35183h010 Mb35183h011

Mb35183h012

JEEPに座る人。
うちもまさにこれを作ろうとしていたのだよー。
肩幅を狭くすると小改造で行けそうな。
笑った顔のほうが良いけどねぇ。


Mb35183h013 Mb35183h014

Mb35183h015

箱絵でオートバイに座ってる人。
ちょっと頭が小さい。いや小さ過ぎるなこれは。体を幅詰め縮小出来るか・・・。


Mb35183h016 Mb35183h017

Mb35183h018

カービン持った人。
これはこのまま行けそうかな。
ヘルメットと顔の対比はこのくらいが良いね。
女性や子供が男性用ヘルメットを被るとこういう感じになるね。


って事で、簡単そうなものを選んで削ってみようか。
ひとつくらいは改造例を用意したいもんだのー。

| | コメント (0)

2014年12月24日 (水)

発送遅れます・・・

Hc35head001018
複製品に気になるところがあり、急遽シリコン型を新造しています。
発送は一日遅れます。誠に申し訳ございません・・・。

えーとね、シリコンを流す時に気泡を巻き込み、
それが製品の表面に影響していました。1号ヘッドの耳の部分です。

そんな事にならぬように面相筆でシリコンを塗ってから流してますが、
稀にこういう痛恨のミスもございます。あー悔しいわ。
気泡を巻き込んで硬化してもそれが製品の表面から遠いところや
影響の無い深いところならセーフなんですけどね。
今回は不運という他無し。

お客さんのほうで修正可能な状態と判断出来るものでしたが、
レジン起因の気泡ならともかく、シリコン起因の気泡状凹部は情けない。
少しでもストレスの少ない商品をお届けせねばとー。

他の複製状態はまあまあ良いですね。
常圧なので完璧ではありませんが、この時期は安定しています。

今回は圧力鍋を用いた加圧注型を考えていましたが、
改造に適した形状の鍋が近所に売っておらぬっ。
ノウハウの蓄積も必要ですから、また後日という事で。

生産続行。

| | コメント (0)

2014年12月23日 (火)

発送始めます

Hc35head001017
うむぅ、何か忘れとるなと思ったらラベルがまだでしたな。
こんな形でお届けします。

すでにご入金の方々へは本日発送出来るかと思います。

と思たら今日は祝日だったーヽ(^o^)ノ
レターパック売ってくれーん。

生産続行。

| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)

販売開始

Hc35head001016
「1/35 フィギュアヘッドセット 女性#1」販売開始。
ご注文承り中です。

通販方法の詳細はホームページの「通信販売のご案内」をご覧下さい。


で、キャストナーでグレーにしても一晩で斑模様が出て来ます(涙)。
見易くはなりますが体裁が悪過ぎる・・・。
悩んだ果てに、商品のほうはアイボリーと致します。

ヘッドをひとつ選び髪の毛を作ってみよう。
目を入れてみたいですね。
そんな作業をしながら複製してると思います。

| | コメント (0)

2014年12月21日 (日)

テストショットです

Hc35head001015
「1/35 フィギュアヘッドセット 女性#1」テストショット上がりました。
今回はアイボリーで抜いていますが表面の状態が解り難い・・・。
Mrキャストナーで染める事にしました。だいぶ見易くなりますな。

量産の為の諸々調整中です。

| | コメント (0)

シリコン型できたよ

Hc35head001014
はい、お待たせしておりますー。
HC35HEAD001の型はもうベタ付かない程度に硬化しております。
んー、もうちょっと放置しておいたほうが丈夫になるのか?
いつ開けるか迷いますな。

早くも通販のご希望メールを頂きましたので受付開始しようかと思います。
嬉しいですよ。必要とされている事で制作意欲も湧いてくるのです。
Hornetみたいに世界中にばら撒きたいですな(笑)。

まだテストショットを流してみないとわかりませんが、
ご希望だけ承りましても問題は無かろうかと。
ミニチュアパークさんのほうへも後程ご注文をお聞きしておきます。

という事で、通販受付を開始致します。

レターパックも10円値上がりしていたようで通販ページを修正しておきました。
なんか久しぶりに通販するので、「何か忘れてないか?」と頭が回りませんが、
ま、大丈夫でしょう。

こりゃ朝までぐっすり寝たほうが良さそうです。
テストショットが上がったらまたご覧頂きます。

| | コメント (0)

2014年12月18日 (木)

商品名決まる

Hc35head001000a
HAPPY CAT
ITEM HC35HEAD001
1/35 フィギュアヘッドセット 女性#1 (5個入)
1/35 FIGURE HEAD SET FEMALE#1 (5 HEADS)
価格2000円


これで良かろうか。

粘土埋めは重要な部分が終了。
耳の部分がいつも大変な手間が掛かるんですよね。
いっそ耳を別パーツにしたろかと思うくらい(笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧